台湾旅行 格安ツアーの意味

こちらで書く内容は格安が悪いのではなく、格安には格安の意味があることをお伝えしています。

さて、やっぱり旅行代は安い方がいいのは誰もが思うところです。
その浮いたお金をホテルや食事に回したいですよね。

で、格安ツアーをいろいろ調べると結構なお値段のツアーが出ていますよね。
正直、本当にこの金額で行けるかな?と思うのもありますが、詳細を見るとなるほどね〜というのもあります。

まずはLCCが利用されているパターン。
これは確かに安いです。
ただし、注意点としては機内食などほとんどのサービスが有料です。
航空会社によってはパック料金もありますが、いろいろ追加すると値段があまり変わらなくなってしまうケースもあります。

特に気をつけて欲しいのが手荷物。
かなり制限があって、超えると当然有料です。せっかくお土産買ったのにさらに割増料金を支払い可能性もあるので注意しましょう。

このような事を理解して割り切っているのなら、本当に格安で旅行できると思います。

 

次によく調べると帰りのフライト時間が早朝。
これもよくあります。
台北なら朝7時台のフライトとかあります。

冷静に考えて下さい。単純に台湾に滞在できる時間を。2泊3日のようで1泊2日に近い可能性もあります。
であれば、最初から1泊2日を選択した方がいい場合もあります。
まずは工程表を見て、チェックしてから検討しましょうね^^

 

次、台北に行きたいのに、飛行機が桃園行き。
これも多いです。結局、観光場所に移動するのに時間がかかってしまいます。
しかも、成田発着便が多いかと思います。
成田に近い方は都合がいいですが、羽田に近い方は日本でも移動時間を必要とします。
でも、桃園空港はきれいで免税店もたくさんあるので便利な部分もあります。

 

結局、メリット、デメリットを自分がどのように判断するかです。
場合によっては、エバー航空あたりで行っても値段が変わらない時期もあるかもしれません。
滞在時間、ホテルのグレード、観光場所など優先順位をどこに持っていくのか。

 

事前にチェックしたほうがいいと思います〜

参考にしてください^^

 

コメントは受け付けていません。